赤ちゃんに最高の「きもちいい」を オーガニックコットンで作る日本の伝統素材のベビーウェア
歴史は江戸時代から続く伝統産地で作られるガーゼ

育児工房で使われているガーゼは会社からすぐ近くにある地元の知多半島の工場で生産されています。
知多半島は国内では比較的規模の大きい有力産地の1つとして、現在でもおよそ30社が高品質な綿織物の生産を続けています。
育児工房では糸の本数やテンションを工夫した独自仕様のガーゼを工場に直接依頼して生産しています。
 
 
軽くてやわらか・さらさらガーゼ

 知多木綿ガーゼは古い織機を使用してゆっくり丁寧に生産されています。育児工房では昔ながらの技術を組み合わせることで軽くてやわらか・さらさらガーゼを実現しました。
赤ちゃんのおしりふきやガーゼハンカチから年間約8000点を販売するロングセラー「ガーゼケット」など様々な製品の素材として使用されています。
16 件 (1 ~ 16 件目)
NEWS
2016.11.15 サイトリニューアルしました。一部工事中のためご迷惑をおかけしますが、ご了承ください。
Copyright ©オーガニックコットンのベビー服・日本製の伝統素材を使っています|育児工房 All Rights Reserved.